J. E. T 活 動 記 録
2009年 4月 23日記

活動名 多賀町権現谷 新洞探索
活動内容 権現谷周辺の洞窟確認
入洞洞窟 ???
場 所 滋賀県多賀町
日 程 2009/3/29
参加者 吉田、タタミン、MASA、アラキ
使用車両 タタミン号、MASA号
会 計 各自
そろそろ洞窟探しのベストシーズンが終了ということで、恒例の多賀町新洞探査活動が行われた
8時半に集合ということであったが、いつもどおりの10時くらいからの活動となる
MASAさんが地元の人から聞いた情報で、朝方霧が出るという場所を探索する予定であったが
その周辺に明らかに下からでもわかる穴が見えるので最初にそちらのほうを確認しに行くことにする
恐らく岩陰であろうということであったが、探検家なら行くしかないだろう
いざ洞窟を目指すが、結構な斜面が続いている
洞窟近くにたどり着く前に一、二度ロープにて確保をとりながら進む箇所もあった
少し苦労しながらも洞口近くまでたどり着くが、そこから洞窟との間にはかなりの谷が・・・
MASAさんと自分はその谷を見てびくびくである
しかし、その洞口はかなりでかくひょっとしたら大洞窟か!?
と期待させられる程なので引き返すわけにはいかない・・・
話し合った結果、まず吉田隊長が高巻きをして谷を回りこみ
洞口の岩壁上からダブルロープで洞口まで降り、再び洞口からロープ伝いに谷を渡って戻ってくる方法をとった
しかし、いざ高巻きをしに行った吉田隊長であるが、なかなか時間が経っても洞窟側に姿を現さない
後で分かった事であるが、上のほうがより凄まじい状況になっていたらしい・・・
無事、吉田隊長がロープを持ってきてくれて、いざアセンダーを用いロープ伝いに大洞窟へ!!
が、結局、大洞窟は幻となり、再び厳しい傾斜をロープを使用しながらの下山となりました

山後はMASAさんおすすめ滋賀県NO.1のラーメン屋にて癒され、それぞれ解散となりました


洞口へアプローチ いざ大洞窟へ エントリー10秒最奥部? 滋賀No.1ラーメン
記入者 アラキ

活動記録メインへ戻る