J. E. T 活 動 記 録
2009年 4月 26日記

活動名 仏穴 洞口調査
活動内容 忘れられた洞窟を探索しよう
入洞洞窟 なし
場 所 岐阜県某所
日 程 2009/4/26
参加者 吉田、にしやん
使用車両 にしやんランクス号
会 計 温泉入泉料 500円、食事 各自
これからの新洞探索や調査ケイビングについて話が行われた中で
深さが約90mの竪穴で、洞内には滝が流れ落ちるダイナミックな穴がある
その洞窟の存在を知る人は少なく、過去に測量もされていないらしい
吉田隊長自身、最奥部まで確認をしていないかもしれない
そんなまさに秘洞といえるような洞窟の話を聞いたら放っておけるはずもなく
このまま失伝させてはならない! ということで
現地へ赴き洞口の確認調査を行うこととなった
今回の調査は現地での情報収集の期待は薄いとのことで
10年前以上に行ったきりという吉田の記憶を頼りに車を走らせる
岐阜市内は天気が回復しつつあったが山間部へ向かうほどに雲は濃くなり
目的地に着いた頃には普通に雨が降っていた
車での周辺探索でそれらしき場所を絞り込めたので沢筋まで下りて山を分け入って進む
この場所で間違いないと吉田は確証を得たところで
せっかくここまで来たので洞口の確認までやっておきたい
ということで雨の中、調査を続行することにした
沢筋をアップダウンしながら30分ほど進むと大きな滝にぶつかった
前日の雨の影響で水量が増えたこと、10年という周辺環境の変化もあり
今回は残念ながら洞口確認に至ることはできなかった
しかし、今回の探索で概ね場所の特定はできたので
天候の良い時に人数を増員し探索を行えば洞口を発見できるだろうと
吉田は語ったので、次回の調査は大いに期待をしたい!

雨の中の探索ですっかり体が冷えたので帰りに谷汲温泉へ寄り
道中に気になった展望レストランで遅い昼食をとって帰路についた


山を分け入り 沢を登って こんな滝まで来たっけ? びしょ濡れやないかー 疲れを癒すぞ〜
料理と景色にご満悦♪

記入者 西森

活動記録メインへ戻る