J. E. T 活 動 記 録
2006年 4月 26日記

活動名 権現谷の新洞探査
活動内容 権現谷の洞窟情報の確認、近隣の洞窟見学
入洞洞窟 いもん洞、小原の穴
場 所 滋賀県多賀町
日 程 2006/4/22
参加者 稲垣、阿部(骨)、MASA、阿部(みっちゃん)、チカノ
使用車両 MASA号、チカノ号(アルト)
会 計 食事(各自)、交通費(各自)
8時半、多賀町役場前に集合。晴天に恵まれた。
3/20の河内風穴ファンケイビングでMASAが近隣の猟師さんから聞き込みした洞窟を確認しに行く。権現谷林道に入ってすぐの、右手に見える山の斜面が目的地。情報どおりに斜面を登り、石灰岩の岸壁沿いに探査を進めたが、話のようにすぐには発見できない。11時ごろから3時ごろまで探すが、発見できずひとまず下山。
ひとつ、ボアパッセージの3m程度の横穴を発見するが、目的の穴は竪穴との話なので、ハズレだ。
MASAが再度猟師さんにヒアリングすることとなり、新洞探査は終了した。

時間に余裕があるので、「多賀の石灰岩」に掲載されている近隣の洞窟を見学することにした。
いもん洞は小さいが生成物が豊富な楽しい洞窟。小原の穴も小さいが、トレンチで構成された迷路状の洞内は十分楽しめる。小原の穴へ行く道で今年初めてのヒルに遭遇。

多賀町役場に戻ると、日が暮れ始めていて、アブラコウモリが飛ぶ姿が見られた。コウモリ研究者の阿部さんがコウモリディテクターという機械を取り出し、コウモリの超音波を人間が聞こえる音に変換してくれた。怪獣のような鳴き声だった。

MASAお勧めの店で味噌ラーメンを食べて、9時近くに解散。
目的地を確認 河原を渡って… 杉林の山を登りました 残念見つからず いもん洞
コウモリがいました コキクガシラでした 小さなプールも 中空球状鍾乳石 カヌライト
マイクログール いもん洞 洞口 小原の穴 こっちもコウモリ コキクでした。キクもいた
満足したぞ バットディテクター!
記入者 チカノ

活動記録メインへ戻る