J. E. T 活 動 記 録
2006年 10月 22日記

活動名 月例レスキュー講習D講習
活動内容 加重計算方法の学習、レスキューシステム構築
入洞洞窟 なし
場 所 JETハウス、ヒューストン
日 程 2006/10/21、22
参加者 吉田、稲垣、タタミン、チカノ、谷、五藤、吉本、藤原
使用車両 なごみ号、ひげ号、純ちゃん号、酒とスピード号
会 計 各自
吉田、稲垣、タタミン、吉本、谷、藤原は21日(土)のレスキュー講習Dからさんか。
タタミンが三角比を用いてのYビレイ、チロリアンブリッジ、スリーポイントシェアードアンカーの加重計算について講義を行った。

Yビレイの加重分散の計算式は、1/2=1/(1/2cosθ)

22日(日)チカノ、五藤到着。
チロリアンブリッジを張って、カウンターウェイトを行い、Zリグにて引き込む訓練を3種類(うち、1種類は吉田式)を実施した。

ヒューストンの内側でアンカーをスリーポイントシェアードすれば、チロリアンブリッジは構築可能であることが判明した。
帰りに美濃IC近くの鰻屋「川芳」にて夕食。外食でうなぎを食べたのは久しぶり。おいしかったよ。
記入者 藤原

活動記録メインへ戻る