J. E. T 活 動 記 録
2007年 7月 16日記

活動名 JETハウス修繕 + レスキュー講習 C講習
活動内容 JETハウスのウッドデッキ修理 + オンロープレスキューの復習
入洞洞窟 なし
場 所 岐阜県山県市
日 程 2007/7/15(日)〜16(月・祝)
参加者 吉田、青柳夫、青柳みわ、青柳の子ら、たたみん、MASA(16日のみ)、あべみつ、ちかの + 新入隊員 縣
使用車両 各自
会 計 食事(各自)
2001年にいったん完成とされた、JETのログハウス「JETハウス」のウッドデッキが老朽化して、腐った板に足を突っ込む人が出てきたので、修理することになった。他にも、草刈や水道修理などが予定されていた。
連休を利用して、月例のレスキューj講習と合わせた活動とした。

15日
前夜から台風が接近しており、土砂崩れなどが予報に出ていたので、正午の集合にした。
ウッドデッキの古い部分を剥がし、草刈、新しいウッドデッキの掃除、水道管の修理、など午後からの活動と思えないくらい仕事がはかどった。特に青柳夫の活躍はめざましかった。青柳長男も率先して仕事に参加して、将来を期待させてくれた。夜になってからやってきたMASAは、廃材を全部焚き火で燃やしてくれた。

16日
新入隊員を迎えて、オンロープレスキューの練習。
午前中、新入隊員はたたみんとサンゴ洞へ行き、帰ってきてからSRT体験やレスキューの見学をしてもらう。
ほかのメンバーはオンロープの練習。
サブロープなしの場合で、アセント中の事故者を下から助けにいく場合、ディセント中の事故者を上から助けに行く場合を、ミッチェルがけの練習とからめて復習した。
ミッチェルがけを真剣に10mの高さからやると、めっちゃこわい。
MASAは前回の疑問点を解決しようと真剣で、あべみつもまじめにメモをとっていたので、チカノも初めてメモをとってみた。
記入者 チカノ

活動記録メインへ戻る